上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天気予報では「土日は雨」ということで金曜日の夜行って来ました。


満潮は20時頃ですので下げを狙います。


到着したのは22時頃。急いでウェーダーを履き砂浜を歩きます。


前回先行者がいらっしゃいましたが今日はいません。


丁度良い下げ具合です。


しかし、波気があってベイトがいるのかわかりません。


とりあえずと秋らしく少し大きいルアーをチョイス。


細身のタックルハウスM168。


今日は月夜ですのでカラーはクリヤーを選択。


一番最初に付けるルアーって悩みますよね。


私は前の日から悩んでます(笑)


前回の状況を考え、イメージトレーニングを行い、さらに


期待と欲望が入りこみます。


実際釣り場に立って決めるのが正解でしょうが・・・


さて第一投


実績のあるブレイクを岸と平行に通します。


集中力が高まり、ルアーの動きをロッドをもった手全体で感じます。


コツコツ・・・



ん?



コツコツ・・・ピョーン



ん?ん?


なにか当たります。ピョーンてなんだ?


2投3投しても同じような当たり?


ルアーのフロントフックにラインが掛かったので直そうと手をのばすと・・・


あっ!


そんな!



まじか?



DSC_0515.jpg


折れてる~!



最初の1投目?


まったく気づきませんでした。


やっぱり重すぎた?ごめんなさい。


ダイコーガルフ8.6フィート殉職。


チーン・・・



実は家を出るとき悩んだんですよね~。


ダイコーのプレミア9フィートと・・・


さぁ~気を取り戻して・・・


よく見ると、2番ガイド上1㎝ほどのところで折れてましたのでそのまま使用できそう。


ロッドを下げるとラインが切れてはいけないので下げないように。


ミノーからポッパーに変えて表層を意識した個体を探しましたが


全く反応なし。というかベイトがいません。


前日までルアーを早く引くとサヨリが掛かることもありましたが


今日は逃げてる姿も全くありません。


このポイントは諦めて少し先へランガンしながら移動。


ここは5m先の岩までウェーディングしてその先を狙います。


しかし、ここも雰囲気がよろしくありません。


ここで先週水が浸入してきたミノーの代わりにポチッとしたミノーにチェンジ


DSCF3159.jpg

上は大好きなイワシカラー、下は金!オクで2本セットでした。



少し流れも出てきたので期待してキャストを繰り返します。


10分ほど投げたところで待望のあたり。


バシャ!バシャ!


水面を飛んで来たのは・・・・


DSCF3162.jpg



40センチのセイゴ。


でもこれから地合いに突入・・・・



・・・・しませんでした。




見切りをつけ、最初のポイントに戻りましたが状況は変わってません。


かなり潮も引き最干1時間前。


ライトを点け水面を照らすとかなり浅い。少し先の岩まで行けそう。


膝ぐらいの深さを10メートルほど進み、岩に乗る。どうやらその先はブレイクになっていそう。


上流側に今度は金色のルアーをキャストし、よたよたと巻いてきたところで・・・


ぐん!ぐん!



キター!!!!!!!




サイズは50センチほど?


少し寄せたところでエラ洗い!


ふぅーあぶないあぶない


ドラグを弱くしてますのでテンションは保ったまま寄せに入ります。


が・・・そのテンションが一瞬ポワンとゆるくなってしまいました。


あ~!


またまたばらしてしまいました。


今度は一気に巻き上げよー。


ドラグ調整はラインとの相談ですね。


~撤収~










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。