上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青物を狙うバカ者には良い季節となりました。

先週は5回も出たのに乗せることができず撃沈でした。

今週は大分に研修&ゴルフで行けないと思ってましたが

土曜日帰って来てから体と相談して行けると判断。

フラフラですが気付けば平戸(笑)

アジ数匹とイカ1杯釣って11時には爆睡。

テントで寝ても早く寝れば起きれることを実感。

4:30に目ざめて地磯を目指します。

しかし、人気のポイント、すでに4人角々に陣取ってました。

悩みながらも左側から2番目を釣り座とし夜明けを待ちます。

6:00周りが打たないので私からスタート。

これを合図にみんなさん投げ始めます。

しかし誰も当たりません。

1時間過ぎて少し皆さんダレてきてますが持ち前の集中力で

投げつづけます。

7時45分ごろボイル発生!

先ず右手の方が掛けます。

サイズは小さくすんなりと上がってきました。

私もと丁寧にルアーを通します。

何度か平政が後ろに着きますが食い上げません。

少し右にラインを取ったとこで


バシュ!

乗りません。

続けて次のアクションを入れたとこで

バシュ!

次の瞬間ロッドに重みが伝わります。

乗ったー!

合わせを入れてファイト開始です。

腹にロッドを付けて強引ファイト!

今日こそはとドラグ調整もしっかりしています。

しかし数回ポンピングしたところで・・・

フッと重みが消えました。

ハズれた------!

掛かりがわるかったのでしょうか。

残念。

気を取り直して投げ続けますが

後ろに着くものの食い上げません。

ルアーをローテーションしますが

ボイルは消えあたりは静かな海に戻りました。

結局周りで取れたのは2本のみ。

地合いは15分ほどで終わってしまいました。

残念な結果ですが良い季節となりました。

来週が楽しみです。

次こそは頑張ります。





スポンサーサイト
週末は風が半端なかったですね~。

それでも私は行ってました。

バカですね~。

金曜日一路平戸へ。

現地到着22:00ごろ。

まずは途中の漁港でアジでも。

小さなのは居ますがまったく拾えません。

ショートバイトのみで終了。

かなり潮がさがっていたのでやる気なかったのでしょうか?

やはり満潮から下げが活性高いようです。

さっさとやめてビールで乾杯。

同行者とだらだらだべってテントで就寝。

テント最高ですね。体を伸ばして寝れる幸せ。

疲れも取れます。

私の使ってるテントはコールマンのポップアップテントです。

開いた瞬間2秒で設営の優れもの。

仕舞い込むのは少しコツがいりますが慣れたらすぐ仕舞えます。

朝寝ぼけてると少し手間取りますが(笑)

IMG_20141004_010220.jpg

ちょっと判りにくいですね。

テーブルランタンにコンロでキャンプを満喫です。

設営が早いと苦になりません。

いつでもどこでもパッと設営!車で寝なくてもすみますよ。



今日は風が強いので付属の2本のペグで固定します。

ゆっくり眠って起きたの6:00!

寝過ごしました~(笑)

幸い誰も来なくて良かったのでゆっくり片付けて出発。

15分ぐらいで地磯到着です。

風は右から6~8m。

波はうねりを伴って2~3mほど。

命の危険を感じるまではありませんが投げづらい。

鳥がしきりにダイブしていますがそこまで届きませんね。

波が高くてルアーが消えてます。

後ろから来てても気づけません。

あっという間にお時間となり撤収。

今日もお魚さんのお顔が見れませんでした(泣)


あまりにも悔しいので夜ごそごそ出発(笑)

風が爆風に変わってました。

唐津でアジでもと思い、風裏探しますがどこも同じ。

それでもある漁港で誰もいない中シコシコとアジング。

IMG_20141004_195724.jpg

少し良いサイズ?も混じってますがアジゴですね。

木々が音を立てて揺れてます。

ゴーーーー!って!

怖くなって2時間で撤収~。





少し更新早くないですか~?

皆さんお疲れ様です。釣れない釣りを修行してますバイザーです。

先週は金曜日行こうかと思ってましたが雨が降ったため、土曜日出発。

昼過ぎにでて、明るいうちに今まで入ったことが無い所を調査してみることに。

くもの巣を払いながら山道を降りて行き海岸にでると横に道路(笑)

なんてことしながら時間が過ぎて行き、夕方生月で青物狙ってみるも惨敗。

漁港である方を待ちます。

昨年の5月に深江漁港で出会った方(過去ログ)

ルアー釣り奮闘日記を書かれているしんさん。

うまくタイミングがあって今回ご一緒することに。

しんさんはエギオンリーでイカを追いかけていらっしゃいます。

福岡から平戸まで毎週釣りに来られる猛者です。

釣りも早々に切り上げテントで宴会(ビールにつまみはしんさんの差し入れ)

懐かしい話や楽しい話であっという間に2時間も話してました。

次の日は遠く彼方に鳥山とナブラがあっただけ。

不発とあいなりました。

しんさん釣れるときにまたご一緒しましょう(笑)


さて火曜日休みでしたのでまたまた出撃。

月曜日に仕事で諫早まで行ってまして帰ってきたのが0:30。

近くでどこか・・・

よし!唐津にしようとグーグル見てると鷹島ってどうよ?

行ったこと無いし見た目よさげだねと車をすぐに走らせます。

2:00ごろ到着して地磯に降りる道だけ見つけてとりあえず仮眠。

5:00から歩きはじめます。

初めての地磯ですので勝手がわかりませんが頭の中に入れたグーグルの映像がたより。

30分ほど歩いてこのあたりかなというところで明るくなるのを待ちます。

潮目はでてますが明るくなるにつれてわかってきたこと・・・それは




・・・激浅!

30分ほど投げて移動します。さらに20分ほど歩いて逆サイドの岬まで。

着いた岬の横にはでっかい定置網(泣)

岬もさほど水深はなさそう。

それでも沈みかけた磯にあがり数投。

満ちかけてたので身の危険を感じて即撤収です。

帰りながら100gのジグを投げますがカウント10秒ほど。

グーグルだけではうまくいきませんね。

しかも戻ってきた場所が一番潮が流れてました~。

IMG_20140923_075624.jpg


ところどころにこんな奇岩があり昔ならった褶曲もありました。

地質学に興味はありませんがなかなか珍しい岩だらけ。

中には化石?と思われるようなものがごろごろしてました。

興味のある方はそちらメインに行ってみてください。

ガセならすいません。。。

今週は仕事で京都ですので釣りはお休みです。

次回はどこに行きましょうかね~。












みなさん大変ご無沙汰しております。


引越し後、パソコン行方不明&さぼりで更新を怠っておりました。

引越しは大変ですね~。

ダンボールの山!

どこから手をつけたらよいか分からなかったですよ。

しかし海には行ってました(笑)

毎週毎週あちこちに出没しますが釣果はパッとしません。

IMG_20140810_185849.jpg


漁港にはカマスが大量に入っていますのでそれを専門に狙うのも悪くありません。

ワームでも釣れますがプラグで狙うのも面白い。

バイブレーション当たりがお勧めです。

狙い方としては遠投後カウント30しっかり沈めます。

もちろん根掛かりするとこでは調整してくださいね。

エギをしゃくるように5回しゃくりを入れます。

そしてポーズ2~3秒。

これを繰り返します。

当たりは明確です。ググンッときます。

しかしあわせても乗らないことが多いです。

当たったらそのままハンドルをスローで巻くと再度当たってきます。

重みを感じてあわせた方がキャッチしやすいと思います。

リーダーを小まめにチェックしてください。

スパッと切られます。

私も2個バイブをロストしました。



この時期のカマスはサイズがでかい!

開きにして2日も干すと酒のつまみにもってこいです。

IMG_20140906_221904.jpg

中にはムツも当たってきます。

IMG_20140830_221739.jpg

煮付けにすると最高にうまいですよ。

そして肝心な青物はというと・・・

1度だけ当たりました。

しかし・・・・・


IMG_20140913_083024.jpg

100ldリーダーがばっさり。

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・。

未熟者です。

まったく止めれませんでした。

次回は必ず!キャッチしてみせます。

・・・たぶん。







皆様5月も中ごろとなりましたが如何でしょうか?

GWは結局3日4日5日と釣りに行きまくったバイザーです。

すべてヤエンによるイカ釣りでしたが糸島回りではまったくダメでした。

最終日なんては漁港を転々としましたがあたりも無く終了。

エギですと転戦は楽ですが生餌の移動は大変です。


さて今週はそんなダメダメを払拭しようと一路平戸へ行って参りました。

金曜日終了後同僚と7時前に出発です。

今回はもう一つ大事なミッションがありました。

私どもの野球部が土曜日に試合があると。

場所がなんと平戸球場!

前乗りで応援です(笑)

やっとこさ白浜に到着し氷を購入。

まずここでエサを確保することに。

アジングタックルを準備して街灯のあたる場所を中心に攻めてみます。

すると1投目からドラグをジリジリと出すあたり。

いいサイズのアジが釣れました。

エサというよりも刺身でいただけそうです。

すぐにアジが沈んでしまい連発とはいけません。

もう1匹さらに良いサイズを追加して移動です。

生月手前の漁港に入りアジを狙い10匹ほど確保。

その漁港にて泳がせます。

しかし1時間経ち2時間経つもあたりがありません。

移動も思いましたが喉が渇いたのでついビールで乾杯してまして

移動ができません。

1度同僚に当たりがありましたがヤエンが底にあたりロスト。

わたしにはアジがなにかの魚にかじられるあたりのみ。

6時間そこで動けず朝マズメに移動。

生月まで入り漁港の先端で1投目投げてすぐにあたり。

移動してよかったねと時間を計ります。

しかしラインは止まることなく、どんどん出されます。

なにか違いますよね?

もう50mは出されてます(笑)

イカじゃないよね?

軽くロッドを引くと

ビクッ!と一瞬止まりますが

さらに勢い良くラインが出されます。

ちょうど漁船に引っ張られるような出かたです(笑)

そこからさらに50mは走られたでしょうか。

下糸が見えてきました。

しかたなくドラグを締めてあわせてみます。


パツッ!


いとも感単にラインが切れてしまいました。

おそらくサメか何かでしょう。

キャスティングが目的ですのでここで終了。

夜が明けてきましたのですぐに移動です。

何年かぶりの大バエです。

ここ2週間ほど青物の良い情報はなくもう終了ではないかとのこと。

なんとか大バエならと期待をよせます。

すでに駐車場には5台ほど入られてます。

1台大阪のかたが準備されてました。

京都から福岡へ転勤されてここでヒラマサ釣って、はまってるそうです。

私たちも急いで準備して山を下ります。

左手が空いていたのでそこで打つことに。

先ずはゆっくりめのシンペンで様子をみます。

風は後ろから吹いてますので投げやすい。

数投したとこでロッドに重み。

よし!

とあわせるとダツがジャンプ。

おしくもフックアウト。

気を取り直してキャストを繰り返すと目の前でボイル。

魚種はわかりませんがヒラマサではなさそうなライズでした。

おそらくスズキかヤズ。

ルアーには反応無く時間が流れます。

それっきり静かな海でした。

8時には終了して球場を目指し開始まで爆睡。

野球部は延長の末1点勝ち越して勝利しました。

おめでとうございました。


夏まで平戸遠征も終了ですかね~。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。